お腹ダイエット.com

最新情報

産後のダイエットで取り入れたい運動

女性にとって産後の体型の変化は、とても気になることでしょう。そのため、産後にお腹ダイエットに取り組む人は多くいますが、十分に気をつけながら実践しないと危険です。
産後の身体は、不安定な状態にあります。そのため、過激な運動や食事制限などを行うと、体調を崩してしまうおそれがあるのです。
産後は赤ちゃんの世話などもあるので、体力的に無理がない範囲で行うことが大切です。また、あまりにダイエットしなければと思い詰めてしまうと、ストレスとなってしまいます。マタニティブルーにもつながってしまうおそれもあるので、思い詰めないようにしましょう。
身体に負担をかけないように、産後のお腹ダイエットでは座った状態でできるストレッチが最適です。まずは足を伸ばした状態で腰を下ろし、ひざを立ててみましょう。みぞおちに手をセットしたら、ゆっくりと身体を倒していきます。
そして身体を途中でストップさせて、状態を起こします。お腹の筋肉が刺激されていることを実感しながら行うと、効果があらわれやすいでしょう。
倒しすぎると苦しくなってしまう人は、角度を調節するようにしましょう。少し慣れてきたら、角度を開いていくようにすると無理なくできます。姿勢がつらい場合は、足を開いても問題ありません。
余裕が出てきたら、お腹にひねりを加えるのもおすすめです。ひねりを入れることで腹斜筋が強化され、ウエストを美しく整えることができます。
赤ちゃんの首がすわってきたら、赤ちゃんを自分の太ももに乗せて抱き上げる動きをしてみましょう。赤ちゃんと一緒に運動することで、楽しみながら痩せることができるはずです。

カテゴリー:産後ダイエット

産後ダイエットに挑戦する

出産を経験すると、女性の体型はお腹を中心に変化があらわれます。そのため、出産後にダイエットに取り組む女性は多いですが、その場合は身体のケアも十分に行う必要があります。きちんとケアをしないと身体の負担が大きくなってしまうため、計画的にダイエットを進めていくようにしましょう。
妊娠、そして出産を経験した骨盤は、左右に広がった状態となっています。まずはこの骨盤を正常な位置に戻すことが、ダイエットの第一歩と言えるでしょう。
骨盤が開いた状態だと、身体全体の骨格に悪影響を与えていまいます。さらに、脂肪も蓄積しやすくなってしまうため、体型が崩れる原因となってしまうのです。
出産直後は特に骨盤に内臓が入り込んで、お腹がぽっこりとした状態になっています。腹筋も弱くなっているため、たるみがあらわれやすい状態となっているのです。
体型を美しく整えるためには、産後ケアをしながらダイエットを実践しなければいけません。無理のない範囲で運動をして、栄養バランスに優れた食事を摂りましょう。カルシウムをたっぷり摂って、栄養補給には十分に注意することが重要です。
骨盤の矯正効果のあるウエストニッパーなどを利用するのも、いい方法です。また、ヨガやストレッチにも骨盤を閉じる効果に優れたものがあるので、取り入れてみるといいでしょう。
ただし、出産後は身体が不安定な状態になっていることもあるので、無理をするのは禁物です。産後はダイエットに適した時期と言われているので、体重を落とすことも通常よりは楽なはずです。無理のないダイエットで、お腹まわりを引き締めていきましょう。

カテゴリー:産後ダイエット

腹筋を鍛える男性のダイエット

男性がダイエットに挑戦する目的は、人それぞれです。お腹を中心に痩せたい人もいれば、引き締まったたくましい身体を目指している人もいるでしょう。男性の場合は女性のようにくびれたウエストを目指すだけでなく、筋肉トレーニングによって全身のバランスを整える人も多いようです。
お腹の中央には、腹斜筋と腹直筋があります。腹斜筋を強化すると、ウエストに適度なくびれを作ることができます。身体を横に持ち上げるサイドプランクで、脇腹を中心に強化していきましょう。
腹直筋を強化するのに有効なのが、レッグレイズやクランチです。レッグレイズは床に寝転んだ状態で行い、腹直筋下部に作用します。
クランチは筋トレの中でも基礎的な動作と言われ、様々なトレーニングに導入されています。寝転んだ状態で上半身を起こす動作で、腹直筋の上部に有効に作用します。
男性が思い描く理想の体型は人によって違いますが、代表的なものとしてはジーンズが似合う引き締まった身体が挙げられます。そのため、お腹に贅肉がたくさんあるような、たるんだ体型はダイエットで引き締めていくことが望ましいでしょう。
お腹を中心としたダイエットに取り組む場合は、引き締まった理想の体型を思い描くことが大切です。理想の体型をイメージすることで、ダイエットへのモチベーションを高め、持続していくことができるでしょう。
たくましく引き締まったお腹は、男性をより魅力的に見せてくれます。健康的に身体を引き締めるためにも、上手に筋トレを行っていきましょう。

カテゴリー:男性のダイエット

男性向けの筋トレ

男性の肥満の中でも代表的なのが、中年太りなどのお腹だけ出っ張ってしまうケースです。これは男性が内臓脂肪が多くあることと関係しています。
内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、無くしやすいとされています。そのため、ダイエットの効果があらわれやすく、効率良く身体を引き締めることができるでしょう。たるんだお腹を改善するために、筋トレに挑戦してみましょう。
特に男性に向いているダイエット方法に、筋肉トレーニングがあります。筋トレをしっかり行うことで、ぽっこりしたお腹もスリムにすることができるでしょう。
筋トレには様々な方法がありますが、中でもダンベルを使用したトレーニングはおすすめです。まず両足を肩幅くらいに開いて、ダンベルを握ります。そして手を真下に下ろしながら、息を吐きつつ上半身にひねりを加えます。
ここで注意したいのが、足を固定しておくことです。足が動くと筋肉への負荷が軽減してしまうので、できるだけ足を動かさないように意識しましょう。
また、寝転んだ状態で行うクランチも、ダイエットにいいとされています。足をイスなどを使って固定したら、息を吐きながら上半身を起こしていきます。上がりきったら息を吐きながらもとの姿勢に戻り、この動作を繰り返していきます。
このときに呼吸や腹筋の動きを意識すると、よりいい結果を得られると言われています。最初は足を伸ばした状態で行って、慣れてきたらひざを曲げるようにするといいでしょう。腹筋を強化することで、お腹も引き締まっていくはずです。

カテゴリー:男性のダイエット

男女別脂肪のつき方

男性と女性では体質や体型が異なるため、太り方も少し違います。女性の場合は皮下に脂肪がつくという特徴があります。脂肪が付きすぎているお尻やタプタプとした二の腕、ぽっこりとしたお腹は、女性によく見られます。
女性の脂肪は柔らかく、特定の場所に蓄積されやすいとされています。女性の脂肪は、皮膚の下位部分に蓄積していきます。これは筋肉よりも外側に位置しており、皮下脂肪と呼ばれます。
皮下脂肪が蓄積しすぎると、体重も増加してしまいます。そして、膝など他の部位にも負担がかかってしまうので、ダイエットをして引き締める必要があります。
男性の場合は、ウエスト付近に内臓脂肪がつくという特徴があります。この脂肪はお腹にある、筋肉の内側の腹腔内に蓄積していきます。これは年齢を重ねるごとにあらわれるようになり、特に中年男性のお腹に顕著に見られます。
内臓脂肪は、外部からの衝撃から内臓を保護する役割を担っています。そのため、ある程度は必要ですが、過度についた状態は、メタボリックシンドロームなどのリスクを高めます。
女性につきやすい皮下脂肪は、ダイエットをしても無くすことは難しいとされています。対して、内臓脂肪はダイエットの効果があらわれやすく、落としやすいという特徴があります。
性別によって脂肪の種類は異なるため、それぞれの特徴を踏まえた上で適切なダイエット計画を立てる必要があるでしょう。効果的にお腹を引き締めるために、トレーニングの方法や食事の内容など工夫していきましょう。

カテゴリー:男性のダイエット

男性のためのダイエット

お腹まわりのダイエットが必要なのは女性だと思いがちですが、男性でもダイエットに挑戦する人はたくさんいます。男性にとっても贅肉の少ない、引き締まった身体は理想とされているのです。
男性は女性に比べて筋肉質なので脂肪はつきにくいですが、年齢を重ねるごとに太ってくる傾向にあります。これは中年太りと言われるもので、最近では多くの男性が体型に変化を感じているようです。
昔は男性はたくましく見えることから、太っていることが問題視されていませんでした。ですが、最近では男女問わず健康的な体型が好まれる傾向にあるようです。
また、肥満体型は自己管理がないことの象徴のように捉えられることもあり、だらしがないと思われることも多いようです。そのため、男性でもダイエットによってお腹を引き締める人は増えています。
特に男性の場合は、お腹まわりに贅肉がついていると、たくましさが軽減してしまいます。そのため、筋肉トレーニングを中心としたダイエットで、理想的な身体を作り上げることが多いようです。
メタボリックシンドロームも男性がダイエットを意識する、きっかけとなることが多いと言われています。肥満をきっかけとして糖尿病や高血圧などが引き起こされることは多く、肥満は見た目だけでなく健康にも悪影響を与えます。
計画的に、無理のない範囲でダイエットを続けていくことで、お腹まわりの贅肉は自然に落ちていきます。健康のことも考えて、早い段階でダイエットを開始することが望ましいでしょう。

カテゴリー:男性のダイエット

ダイエットの停滞期を乗り切る

ダイエットは地道に続けていくことで、効果があらわれはじめます。ですが、しばらくダイエットを続けていると、体脂肪率や体重に変化が見られなくなることがあります。それはダイエットの停滞期と言われ、このタイミングで挫折してしまう人が多いようです。
停滞期はダイエットの最大の難関とも言え、運動や食事制限をしても体重に変化が見られないようになります。停滞期となる原因は、身体が持つ仕組みに隠されています。
人間は飢えに耐えていた頃の太古の記憶を持っていて、痩せはじめることで身体は危機感を覚えます。そのため、少しのエネルギーでも活動できるように、身体が対応するようになります。つまり、低カロリーでも活動に支障がないように、体内環境が変化するのです。
痩せるために食事制限をしたり、低カロリーな食事を心がけていても、停滞期にさしかかるとエネルギーが余ってしまうようになります。停滞期になると体重に変化が見られず、体内に栄養を取り込むようになってしまうのです。
ですが、ここでダイエットをやめてしまっては、お腹まわりをスリムにすることはできなくなります。停滞期であっても、しっかりお腹ダイエットを持続していくことが大切なのです。
しばらくお腹ダイエットを続けていると、あるタイミングからまた体重が変化するようになります。停滞期は一定の期間だけなので、それさえ乗り切れることができれば、ダイエットを成功させることは難しくありません。投げ出さずに地道に続けていくようにしましょう。

カテゴリー:ダイエットの豆知識

短期間でやせたい場合に

ダイエットは食事制限や運動などが伴い大変なため、美容整形手術やエステサロンでの施術という方法を選択する人も多いようです。ぽっこりとしたお腹やくびれのないウエストを美しく改善することができるので、部分やせや短い期間で効果があらわれるという特色があります。
エステサロンでの施術では、主にマッサージを受けることになります。脂肪をマッサージの力で柔らかくすることで、脂肪燃焼を向上させます。
また、リンパの流れを促進するとともに、疲労を軽減させ、骨格を正常な状態へ導く効果もあります。リラックス効果も高く、心穏やかにダイエットができることから、人気の高い方法と言えます。
特にしつこいセルライトをきれいに除去できるのも、エステサロンで受けられるケアのメリットです。超音波を使用したエステマシーンの利用など、エステサロンならではの施術を受けることができるのです。
美容整形手術では、脂肪吸引などが行われます。脂肪を除去することで、ぽっこりしたお腹をスリムな状態にすることができます。この方法は、これまでのダイエットがうまくいかなかった人、短時間で結果を出したい人に向いていると言えるでしょう。
また、お腹に限らず、様々な部位を理想の形にすることができます。たとえば、お腹で吸引した脂肪を豊胸手術に利用することで、美しいバストラインを作り出すことも可能なのです。
ただし、手術や施術には多くの費用が必要となります。また、麻酔などによって身体に負担がかかってしまうということも、頭に入れておくようにしましょう。

カテゴリー:短期間のダイエット

下着でお腹をカバー

ぽっこりお腹は早く何とかしたいものですが、即効性のあるダイエットはなかなかありません。そんなときに便利なのが、スリムに見せることができる下着です。
スリム効果のある下着には、2つのタイプがあります。1つは脂肪を燃焼させる効果を持つ、体質改善ができるタイプです。このタイプの下着は、身につけるだけで運動量が増加する効果があります。
身につけると自然に歩幅が広くなり、身体の動きが大きくなります。そのため、知らず知らずのうちにダイエット効果が高まり、無理なくやせることができるのです。
肥満の原因の1つである、運動不足を解消できることから、普段運動をする習慣がない人にもおすすめです。これはダイエットに活用しやすいアイテムと言えるでしょう。お腹の他に、二の腕やバスト、お尻などにも効果があると言われているので、試してみることをおすすめします。
もう1つは、骨盤矯正効果で体型を整え、骨格を正常な状態にするものです。お腹が出ているのは姿勢の悪さが原因の場合もあるので、姿勢を正しくすることでお腹をすっきり見せることができます。
また、姿勢の悪化は、筋肉の劣化を招き、お腹を中心に脂肪が溜まってしまいます。下着を利用して骨盤の位置を正しいものにすることで、姿勢を良くするとともに、効果的にお腹を引き締めることができるのです。
2つともダイエットに効果があるので、自分に合った下着を選ぶようにするといいでしょう。下着は続けて身につけることで効果があらわれるので、日常的に着るようにしましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

メタボを解消しよう

ここ何年かで、メタボリックシンドロームは社会的な問題となってきました。そのため、お腹を中心としたダイエットの目的は、メタボ対策だという人も多いでしょう。
メタボは、高脂血症や高血圧、高血糖、内臓脂肪型肥満のうち、どれか2つ以上の症状があらわれることを言います。放っておくと動脈硬化などに発展することもあり、早期解消が望ましいとされています。
お腹に脂肪が付きすぎている場合はメタボのおそれがあり、腹囲によって判定することができます。その基準は、男性で85cm、女性で90cmとなっています。さらに中性脂肪が150mg/dl以上でHDLコレステロールが40mg/dl未満という条件もあります。
さらに、最高血圧が130mmHg以上あるいは最低血圧85mmHg以上であることも、条件に含まれます。また、空腹時に血糖値が110mg/dl以上であることも判断基準となります。内臓脂肪があること、そして血糖値、血圧、中性脂肪の中で2つ以上に該当すると、メタボと判定されます。
男性はもともと内臓脂肪がつきやすいと言われているため、女性よりもメタボのリスクは高まるでしょう。そのため、お腹まわりが気になる人は、早めにダイエットをはじめる必要があります。
ダイエットを成功させて、メタボを改善するには、低カロリーな食事と運動を計画的にしていくことが大切です。運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を中心に、毎日少しずつでも実践していきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット